企業看護師の年齢制限について

企業看護師は看護師の資格があり、臨床経験があればあるほど有利となると言われています。近年は、求人募集に何歳から何歳までと年齢を記載することができなくなってきているため、年齢制限がないように思われている企業看護師ではありますが、残念ながら記載されていないだけで年齢制限があることを知っているでしょうか。

 

もちろん、年齢制限外だったからといって絶対に不採用になるとは言い切れませんし、年齢制限外だっとしても即戦力となると判断されれば採用されることもあるでしょう。しかしながら、企業看護師については25歳〜40歳までがピークとなっており、それ以下でもそれ以上でも企業看護師として採用されることが少なくなると言われています。なぜかというと、臨床経験が必要である企業看護師の場合、大学なり看護学校なりを卒業してから2〜5年は看護師として働いている経験がないといけませんから、早くても25歳〜となるわけです。

 

また、なぜ40歳をピークに企業看護師の求人が減ってしまうのかというと、もちろん40歳を過ぎた方が企業内の健康管理室や医務室、治験コーディネーターとして勤務していることはありますが、日勤のみで土日祝祭日が休みとなるとは言っても業務も多忙ですし多岐にわたって活動していくこと、またパソコンを操作したり、場合によっては英語力なども必要とされるため、40歳程度を境にして求人が少なくなってしまうと言われているのです。企業看護師は、若ければよいというものではありませんが、年齢制限がないようであるのが実情です。

企業の看護師求人web | 一般企業の健康管理のお仕事入門