企業看護師としての採用を有利にする関連資格

企業看護師は基本的に看護師の資格があれば問題ありません。企業看護師になるためにいろいろな資格を取っておかなくてはいけないというわけではありませんから、必ず取得しておかなくてはいけない資格も当然ありません。ですが、実際には企業看護師として働く上で有利となる関連資格があるのも事実です。これらの資格を取得してから面接に挑むという方もいらっしゃるくらいですので、チェックしておくことは大切ですね。

 

企業看護師に有利となる資格の一つに衛生管理者があります。衛生管理者の資格があれば看護師の資格がなくても企業看護師として働くことができる求人もあるくらいですので、やはり有利となることは間違いありません。その他にも産業カウンセラーという資格も企業看護師の方が多く取得している資格の一つとなっています。また保健師の資格があれば尚良しと言われていますが、看護師の資格に加えて保健師の資格を持っている方は非常に少ないはずです。

 

そして、近年はメンタルヘルスに関する資格を取得される企業看護師の方も増えてきています。これは、メンタル面のケアに重点を置いている企業が増えていることに加えて、精神的な病気になってしまう従業員が出てしまうことで企業側にとってメリットとなることは一つもないために企業看護師がメンタル面のケアを行うよう積極的に取り組んでいるという背景があります。その他にも、禁煙支援市認定、認定心理士と言った資格も企業看護師には大変重要なポイントとなる資格となっています。

企業の看護師求人web | 一般企業の健康管理のお仕事入門