企業看護師が携わる産業保健活動とは

産業保健活動は、従業員が仕事をする上で健康に害することがないか、また健康に害さないよう予防をすること、従業員の健康状態に合わせて配置を行い健康状態が悪化しないよう防ぐことが目的となります。ちなみに、労働安全衛生法は、従業員の健康を維持しながら仕事ができるようにすることが目的となっており、両者を比較してみてもわかるように、従業員の立場になり、安全で安心して働ける環境を整えていくことが重要だという考えです。

 

よって、企業看護師となる看護師に対しては産業保健活動が欠かせないものとなっており、もちろん企業看護師一人の力ではなしえないことでもあることから、経営者をはじめとして企業全体が産業保健活動に取り組むことができるようアドバイスをしたりサポートしていくのも企業看護師の立派な仕事です。現在企業看護師には、メンタル面でのケアを行うように指導している企業もあり、従業員が仕事上のストレスを抱えないように工夫をしている企業も少なくありません。

 

企業看護師に求められることはたくさんありますが、その分やりがいのある仕事であると言えます。企業看護師は、正看護師の資格もしくは保健師の資格を有する者がほとんとです。しかも、企業看護師は一企業につき1〜3名ほどしかいません。少ない人数で従業員の健康を確保し、病気やけがの予防、職場を巡視し改善していかなくてはいけないところがないのかをチェックしていくことは簡単なことではありませんが、産業保健活動を行っていくことで企業全体がまとまり、不安や不満を抱えることなく業務をこなしていくことができるのです。

企業の看護師求人web | 一般企業の健康管理のお仕事入門