企業看護師の勤務先【医務室・健康管理室・診療所の違い】

一般企業において企業内医務室や健康管理室がある場合は、従業員の健康管理をはじめとして健康相談、健診のサポートや事後フォロー、また病気にならないための予防方法や場合によっては家族へのアドバイス、近年はメンタル面でのケアも企業看護師の業務となってきています。その他にも、産業医が常駐している場合は産業医の補助なども業務の一つとなりますし、薬の管理や応急手当など多岐にわたって活動していくことになります。

 

看護師と言えば一般的に病院や診療所に勤務することが多いと思いますが、企業内診療所における看護師の業務も同様に産業医の補助をはじめとして従業員のケア、医師の指導に基づき薬剤の投与などを行っていくのが主な仕事になります。医務室・健康管理室・診療所と名称は違っても仕事内容は同じ部分が多いのです。しかしながら、企業看護師の場合はパソコンを使ったデスクワークも多くなる傾向にありますが、診療所においてはパソコンを自ら看護師が操作するということはほとんどありません。

 

場合によっては企業看護師の場合、丸一日デスクワークに追われることもあるくらいですから、やはりパソコン操作は企業看護師にとっては重要な業務の一つとなっています。、診療所の場合はすでに内科や外科など専門の分野のみの診療となることもありますが、企業看護師の場合は仕事をしている上でけがをしたり病気になってしまった人の対応を始め、様々ま病気や疾病の対応を迫られることもありますので、専門的な知識及び技術や臨機応変に即座に対応できるスキルが求められています。

企業の看護師求人web | 一般企業の健康管理のお仕事入門