企業看護師の収入・福利厚生について

企業看護師の業種によっても異なってきますが、大手企業の企業看護師の場合収入は月に20万円〜30万円となっており年収に換算すると350万円〜400万円程度が相場となります。また、中小企業の企業看護師の場合は収入が月に20万〜25万円、年収にすれば300万円〜350万円程度、外資系企業については月収が20万〜40万円、年収にすると300万〜500万円以上とかなり幅があります。もちろん経験年数や能力によっても異なってきますので参考までにおさえておきましょう。

 

また、同じ企業看護師の仕事でも福利厚生などについては企業ごとに異なってきます。大手企業ともなれば提携している保養施設を利用することができたり保育室を完備していたりする場合もあります。が中小企業の場合は、ここまで福利厚生が充実しているかと言えばそうではありません。基本的な福利厚生はあっても、大手企業のように保養施設の福利厚生がない場合がほとんどですので、やはり福利厚生の差は大きいと言えるでしょう。

 

そして外資系企業ともなれば、日本企業にはない福利厚生が充実していることも少なくありません。従業員の誕生日にはお祝金がもらえたり退職金制度も日本では考えられない内容となっていることもあるのです。財形貯蓄制度、もちろん社宅の用意なども外資系企業も力を入れている福利厚生だと言えるのではないでしょうか。退職金制度は大手企業、中小企業、外資系企業のほとんどでありますが、退職金の額にかなり差が生じてくるのが現状です。

企業の看護師求人web | 一般企業の健康管理のお仕事入門