企業看護師になるには

企業看護師になるには、正看護師の資格、もしくは保健師の資格があれば問題ありません。つまり、看護師の資格を持っている方であれば誰でも企業看護師になれる可能性はあるのです。しかしながら、企業看護師は通常の看護業務に加えて多岐にわたって活動をしていくことから、臨床経験が求められていることがほとんどです。求人によっても異なりますので一概には言えませんが、臨床経験2年以上、臨床経験5年以上が条件となっている求人も多い傾向にあります。

 

また、企業看護師になるために看護師以外に必要だとされている資格はありませんので、この資格がなければいけない、あの資格を取っていなければ企業看護師に慣れないというわけではありません。業務を行っていく上で、とっておいた方が良い資格については働きながら取得されていく方がほとんどですし、企業側も民間の資格などを積極的に取得させる場合もありますので事前に取得している必要はないでしょう。

 

ただ、企業看護師には多くの事が求められてくるため、労働安全衛生法や産業保健活動など基本的な部分についてはある程度把握しておいて損をすることはないでしょう。本格的に活動をしていく前に研修などを行い専門的な知識を得てから業務に就く場合もありますので、絶対に知っておいた方が良いというわけではありませんが、企業看護師にとって労働安全衛生法と産業保健活動は密接な関係にありますので、ぜひこれら二つについては把握し、理解しておくようにしておきましょう。

企業の看護師求人web | 一般企業の健康管理のお仕事入門